前へ
次へ

そろばんで数字をきれいに書く癖が付く

大人になって自分で字を書く機会が減ったと感じる人はいるでしょう。仕事のほとんどはパソコンからの入力ですし、紙の書類が必要な時も印刷をすれば済みます。実際に漢字などを書かないので漢字を忘れてしまいがちになるときもあります。さらに困るのは文字が汚くて自分でも読めないときでしょう。さすがに小学生となるとまだまだパソコンですべての表現をするわけではなく、ノートも手書きですしテストも手書きになります。このとき自分で書いたノートの文字が後で見て分からないと困ります。テストの答案もあまりに汚いと採点する人が読めなくて正解なのに間違いとして評価されるかもしれません。そろばんにおいては検定試験では解答をするときは手書きで書きます。時間制限があるのでその間に計算をしてさらに書く必要もあります。ただ書けばいいわけではなく、読みやすい字で書かないと採点されないので自然にきれいに書くようになるでしょう。子供のころにきれいな数字や文字を書ければ将来も困りません。

Page Top