前へ
次へ

教育はある意味では公共事業のようなもの

教育は最終的には人間を自然との共存の下でさらに文化や知能を高めるということを目的に行われるものであるわけです。それなりに発展していた国においては教育というのは公共事業の一つのようなものでもあったわけです。今もそういう側面は必ずあるわけで要するに義務教育というのは教育は国がやった方が良いからという理由で作られている制度ということになるわけです。具体的には日本の場合は、9年間の義務の期間があるわけですが当たり前ではありますがそれだけでは足りないという側面も存在しているわけです。日本の場合には高校がすでに義務教育のようなものになっているとも言われています。ただしこの場合、費用を必ずしも国がすべてを見ているのかと言うとそうではないです。もちろん、親が負担する金額もしっかりとあることになりますから、これは完全に国がやっているというわけでもないという部分が日本の場合では多いです。とにかく、子どもの基礎教育は国の一大事になります。

Page Top